Summary速報

速報まとめ

少しだけ心がけてみない?「素直さ」を持った女性になる方法

   


素直になりたい。素直になれない。

やっぱり素直になれない。
甘えられたり頼られたりすると
自分がしっかりしなきゃとか
無意識になっちゃうんだろな。
素直になりたいー。
違うのかな?自分がわかんない。

君が好きなのに素直になれない

素直になりたいのになかなかなれない。あの時なんであんな言い方しちゃったんだろう…と、たびたび後悔。

▼女性なら、持っていたい「素直さ」

恋愛でも、仕事でも、自分の気持ちにでも、素直に言いたいことを言えていますか?
素直な女性は、男性からの人気も高いですよね。

何かを隠していたり、良く見せようとしたり、嘘をつく自分がイヤ!そんなことってありませんか?

女性が幸せを掴むために一番大切な要素、それは「素直さ」

愛される人の条件のひとつに、「素直な性格」が挙げられます。

女性だけでなく人間にとって素直であることは何よりも大事なこと

▼でも、どうして素直になれないのだろう・・・。

素直になりたいのに、なれない。
子供の頃は、素直でいられたのに・・・。
大人になると「素直な心」は薄れつつあります。

自分のネガティブな気持ちを見たくない、認めたくない、という女性はたくさんいます。

つい心とは裏腹なことを言ってしまったり、わざと相手を傷つけるようなことを言って後悔したことはありませんか?

素直になれない人は、過去に他人に心を許して素直になった時に、
何らかの不利益を被ってしまったトラウマがある

▼素直になれないのは、自分を守りたいから。

人は、自分が傷つかないための防衛手段として、先手を打って、相手を拒絶したり、責めたりする傾向があります。

自分をごまかして、傷つくのを未然に防ごうとする心の現れ

抑圧した思いが意識に上がって来ないように、心で思っていることとは正反対の行動を取ることを、心理学では「反動形成」と言い、自己防衛の一種なんだそうです。

「自分をよく見せよう」と頑張っていると、素直にはなれません。

感動できなかったり、好意を伝えられなかったり、甘えられなかったり、怒れなかったりと素直でないだけでこんなにも自分を偽る連鎖が発生してしまいます。

▼だからと言って、全てを受け入れることが「素直」ではない。

素直さとは「相手の言うことを鵜呑みにして、すべて言うことをきく」ということではありません。

素直な人とは、強い精神力をもち、自分の考えに自信をもっている人。他人に従順であるよりも、自分に素直でなければなりません。

ちょっとだけ心がけて「素直さ」を持った女性になろう!

・相手の意見は1度、自分の中に受け入れて。

自分が苦手とする人、認めたくないこと、それによって自分の身が危なくなってしまうかも知れないと思う恐怖心から素直に人の意見が聞けないことも多いですよね。
でも、それを「相手の言葉」として1度、受け取ってみましょう。

物事は、自分の固定観念で何でも決めてしまいがちですが、時には、人の意見を素直に取り入れてみること

「この人はこんな意見を持っているんだ」と、それを「多くの意見のなかのひとつ」というように並べてみること

 - Uncategorized

×
CLOSE
CLOSE