Summary速報

速報まとめ

障害が残ることも…?知らないと怖い「食中毒」の身近さ

   


食中毒の季節がやってきた…

めちゃくそ腹痛いし気持ち悪い。食中毒ったかこれは

お腹痛い…食中毒にあたったかな、これ…吐きそう

食中毒は本当に本当にきついので
皆さん気をつけてください( ; ; )
まさか自分がって思ってたのに
まさかまさかのだったからな。
点滴デビューもしたしげっそり
なったしこのまま死ぬのかと
思うほどだった。もうなりたくない。

食中毒も色々…障害を残す細菌もあるとか((;゚Д゚))


Photo by Tom Merton / OJO Images

死亡に至ることは無いという。


Photo by Jochen Sands / Digital Vision

ギラン・バレー症候群の原因となるとか。

感染した数週間後に、手足の麻痺や顔面神経麻痺、呼吸困難などを起こす「ギラン・バレー症候群」を発症する場合がある

こわすぎだろ…

約7割は回復するが後遺症で歩行に介助が必要となる人もいる。ギラン・バレー症候群の患者の約3割がカンピロバクターが原因。

十分に加熱せずに食べたこと、または肉を取り扱った手指を介して他の食品に付着したりなど、特定の要因が食中毒につながる

鶏肉を生で提供する飲食店があるが、カンピロバクターに汚染されている場合は、鮮度に関係なく食中毒になる。

細菌のいない鶏肉はなく、生で食べて絶対大丈夫というものはない。どんな育て方でも、どんなに新鮮であっても無菌にはならない。

「寝かせたカレー」も実は危険

およそ10分で2倍に増えるので、8時間後には約281兆倍となり、一晩経ったカレーはウエルシュ菌だらけになってしまう

どんだけ増えるの。。

食中毒症状を引き起こすウェルシュ菌は加熱しても死滅しないため、温め直したものを食べて食中毒になる可能性はある

ここが重要なポイントだけど、ウェルシュ菌は増えても、無味無臭で、カレーの味も臭いも全く変わらない

大きな容器で保存すると、空気に触れない量が増えてしまうので、テマがかかっても小分けして冷蔵しよう。

カレーなど再加熱する場合は、撹はんしながら十分に加熱。ただし、食べられる量を調理し、早めに食べきることが望ましい

空気に触れると毒素が消えるので、よくかき混ぜるのが大切とのこと。

 - Uncategorized

×
CLOSE
CLOSE