Summary速報

速報まとめ

お正月楽しく飲むために♪『二日酔い』しない簡単なコツ

   


この記事は私がまとめました

お酒を飲む機会が増える年末年始

クリスマスパーティーが終わったら忘年会ラッシュ。年が明けたら今度は新年会。冬は飲酒の機会が増える季節です。

つらい二日酔いは回避したい……

これから年末年始にかけて気になるのが、つらい二日酔い。何とか回避できる方法はないものか……。

最も手軽な方法は水を飲むこと

二日酔い対策は複数ありますが、最も手軽な方法は、水の力を借りることだと思います。やり方は簡単で「お酒1杯につきチェーサー1杯」のペースで、アルコールと水を交互に飲むようにするだけです。

二日酔いは吐き気と頭痛が主な症状ですが、アルコールを分解するには多くの水分が必要です。

アルコールは利尿作用も大きいのでさらに水分が失われることになり、脱水症状になるわけです。

水分補給を忘れて二日酔いになってからでは手遅れなので、お酒を飲んだ夜は寝る前のスポーツドリンクをお忘れなく。

飲むペースを落とす

親戚や久しぶりに会う友人と飲んでいると、お酒をついだり、つがれたりが増えて、普段より早いペースで飲んでいませんか。

ジョッキを避けてグラスにするなど、ペース配分を気にしたい。

自分の適量、その日のコンディションとよ~く相談して酒席を温める。それがスマートな酒のルール。

空腹で飲むのはNG

乾杯で飲むことの多いビールは糖質が多く、これまた血糖値を上昇させる原因に。さらに空腹時にお酒を入れるとアルコールの吸収が速くなるので二日酔いになりやすいといわれています。

そのまま飲み続けると肝臓に負担がかかり、その結果二日酔いになってしまいます。お酒はおつまみを食べながら飲みましょう。

飲む前にコンビニでフルーツやチーズを買って食べるなどして、食物繊維かたんぱく質がとれるものをお腹に入れておきましょう。

飲む前に食べておくと良いもの

事前に食べておくとよい食材の代表格はチーズ。チーズに多く含まれるタンパク質と脂質は消化吸収されにくく、胃に長時間留まるため、アルコールの吸収を緩やかにしてくれます。

トマトに含まれるリコピンには「アセトアルデヒド」の作用を抑える効果がります。できれば飲む前にトマトを摂取しておきたいのですが、おつまみにトマトでも良いでしょう。

 - Uncategorized

×
CLOSE
CLOSE