Summary速報

速報まとめ

IoTウイルスが急速に拡大!ルーター対象モデルは90万台以上

   


この記事は私がまとめました

IoTウイルス感染30倍に日本国内に感染広まる

インターネットに接続した家電など「IoT機器」を狙ったコンピューターウイルスの日本国内の感染台数が11月に約9万3千台となり

10月に比べて30倍以上に急増したことが19日、国立研究開発法人・情報通信研究機構(NICT)の観測で分かった。

日本ではこれまで数千台程度と少なかった。この規模の感染が分かったのは初めて。

従来は主にパソコンやサーバー、プリンタ等のIT関連機器が接続されていたインターネットにそれ以外の様々なモノを接続することを意味します。

読み方はアイオーティー

あらゆるモノがインターネットを介してつながり情報をやりとりし相互に制御を行うことを表す。

感染したIoT機器はハッカーに遠隔操作する恐れ!

・サイバー攻撃を引き起こしたIoTウイルス「Mirai」とは

MiraiはIoTデバイス向けのウイルスで、感染したデバイス同士で攻撃用のネットワークである「ボットネット」を構築します。

感染した機器が悪用されると国内で大規模なサイバー攻撃が起きる危険があるということです。

急増した背景にはロジテック製の「ルーター」

急増した背景には、ロジテック(東京)製のインターネット接続機器「ルーター」の大量感染があることも分かった。

プログラムの修正を怠ったままの機器が狙われたと見られ、専門家が警戒を呼びかけています。

メーカーが修正プログラムを配布していましたが、利用者が対応を怠ったまま使っているものが狙われたと見られています。

対象モデルは90万台以上…対策はアップデート

国内ではロジテックのルータ11製品などが該当するといい、ロジテックでは2013~2014年に脆弱性を修正するファームウェアを公開済み

平成21年8月から平成25年11月までのおよそ4年間販売され、延べ92万台が出荷されたということです。

ロジテックのルーター型番みたら対象だったから調べたらファームウェアアプデしてたからセーフだった

ふーむ、ロジテックのルーターを凝んな形で思い出すことになるとは…ファームウェアのこまめなアップデートは大事だねえ

ロジテックのルーターじゃないけど、本体のファームウェアとかアップデートとか確認してみようか

 - Uncategorized

×
CLOSE
CLOSE