Summary速報

速報まとめ

短期集中で-5kg♪ダイエットはたった7日間だけでOKだった!

   


生理周期に合わせて楽々ダイエット♪

いくらダイエットや食事制限をしても痩せない、という人はもしかしたら生理が原因かもしれません。女性の体は生理周期によって、体重が落ちやすい時期と落ちにくい時期があります。

生理後

女性ホルモンは、脂肪燃焼に関わっている

「ヒトの体は、多くのホルモンの働きに影響を受けています。特に私たちは、女性ならではのホルモンのエストロゲンとプロゲステロンを意識することが大切です。

どちらも女性の身体機能を保つホルモンですが、実は脂肪を燃焼させることにも大きく関わっているのです」と、大西さんは、「生理周期にも関与する、この2つの女性ホルモンの分泌量の変化を利用すると、効率のいいダイエットが実現する」と言います。

「生理周期は人によって微妙に違いますが、ここでは一般的な28日周期で考えます。まず、『生理期間中(1~7日)がサイクル1』。『生理終了後から排卵日(8~14日)までがサイクル2』、『排卵後から生理前の15~28日をサイクル3』とします。

このうち、最もやせやすい時期が、サイクル2です。つまり、生理直後から1週間の間に、積極的にダイエットに取り組むことが最も効率的なのです」(大西さん)

生理後がダイエットに最適なのは、卵胞ホルモン(エストロゲン)が活発に分泌されている時期だからです。

卵胞ホルモン(エストロゲン)は、生理後~排卵日にかけて活発に分泌される女性ホルモンで、卵子を排卵させて受精させやすい環境を整えるために、多くのエネルギーを身体から使おうとします。そのため、活発に基礎代謝が上がり痩せやすくなるのです。

生理前

生理中はむくみやすい体質に変化しますので、「太る。太った。」と感じる女性も少なくありませんね。では、どういったことが理由で痩せにくいという現象が起きるのでしょうか?

【生理中の身体はこんな事になっている】

①水分を溜め込みやすいので、浮腫む。
②イライラして暴飲暴食しがちになる。
③ストレスを感じやすい。
④身体の代謝が落ちる。
⑤やたら甘いものが欲しくなる。

こうして見ると、どれもこれもが太る要素たっぷりの、痩せにくい体質に変化している事がわかります。ダイエットを頑張っているときに生理がくると、なんだか痩せる気がしなくなってきますよね。

生理前豆乳ダイエット

➀生理前の7〜10日前から、毎朝200ml豆乳を飲む。
(身体が慣れてしまうためそれ以上は飲まないこと)
➁生理が来たら飲むのをやめる。
生理前は余分なものを溜めこみやすく老廃物が排出されにくいですが、
豆乳は老廃物の溜めこみを防いでくれます。

すると不思議な事に、生理後には痩せるんだとか…!
もちろん個人差はありますが、これだけで痩せるなんて!

生理中

NOT 激しい運動 だけど少しは動かして♪
気分転換にもなるのでストレッチや軽い運動はいいらしい♡

激しい運動は、苦手な人も多いと思いますが
ストレッチなら誰でも気軽に試せるからおすすめです!

STEP1:まっすぐ立ち、足を肩幅に開く

STEP2:手を腰に当て、左右それぞれ10回ずつ腰を回す
(※上半身・足は動かさず腰だけを動かすように意識してください)

左右各10回を1セットで、5~10セット程度行いましょう◎

STEP1:腕を上に伸ばしてつま先立ちする

STEP2:腕は上に、足は地面に向かう気持ちでグーッと全身を伸ばす
座ったまま、腕や足をグーッと伸ばすのも良いでしょう。

食事は腹八分目。
単品ダイエットや置き換えダイエットなどの体に負担のかかるような食事制限は、生理中はさけて!
イライラの原因になるくらいの食事も禁止。
食事の量を減らしすぎず、食べ過ぎず、腹八分目を意識すると◎

"鉄分を吸収"することがダイエットの鍵
生理中に不足しがちな鉄分はダイエットでも
不足しやすくなる栄養素って知ってた?
バランスを考えた食事は常日頃から考えて食べるのは
大切だけど、ダイエット中はそれを忘れがちですよね。
普段から摂取することをしっかり心がけて♡

無理せず頑張って!

 - Uncategorized

×
CLOSE
CLOSE