Summary速報

速報まとめ

コツを知れば効果歴然!「日焼け止めの効果を高める」5つの方法!

   


▼暑い日が増え、本格的に「紫外線」が気になる季節になってきました!

大量の紫外線を浴びるのは確かに有害なのは間違いありません。

シミやシワといった肌トラブルの原因となりますし、白内障や皮膚がんのような重大な病気を招く可能性もあるからです。

▼そもそも紫外線ってなんなのでしょうか?

太陽の光には、目に見える光(可視光線)と、目に見えない赤外線、紫外線とがあります。

紫外線とは、地球に到達する太陽光線のうち、波長が短くエネルギーの高い光をさします。 紫外線はUVA波、UVB波、UVC波の3種類に分けられます。

UVAは、地上の紫外線の約95%を占めています。肌の奥の真皮にまで到達し、肌の弾力を保つエラスチンやコラーゲンを変性させます。

UVBはエネルギーが強く、肌表面の細胞を傷つけたり、炎症を起こすので、皮膚ガンやシミの原因になります。

●さまざまな悪影響を及ぼす紫外線から身を守るためにすでに「紫外線対策」をしている人は多いようです。

@mariekoma0524 @asaiyumi これから暑くなるので、紫外線対策は必須ですよね☀☀

もう日焼け止めが必要な季節ですね!
あ〜海行きて〜

ついに通勤にも日焼け止めが必要な季節になってしまったよ

▼でも日焼け止めを塗っても日焼けしてしまうことってありませんか?

毎日欠かさず塗っているはずなのに、どうも日々肌がくすんで来ているような気がしませんか?

もちろん、日焼け止め自体が原因であることもありますが、使い方が間違っていて、日焼け止め本来の効果を発揮できていないケースが多々あります。

□そんな”日焼け止め効果なし”にならないために「日焼け止めの効果をアップ」させる方法をご紹介します。

●ますは「お肌を整えましょう」

肌が乾燥したり荒れている状態のままだと肌の表面が凸凹状態になっており、日焼け止めを塗ってもしっかり定着せず取れやすくなってしまいます。

日焼け止めは落ちてしまうと効果がありません。そのため、日焼け止めを塗る前に、しっかりと肌の手入れを行うことが大切です。

●「保湿」も大切

見落としがちなのが肌の保湿です。せっかく日焼け止めを用いても、肌が乾燥していると抵抗力が弱まり、紫外線のダメージを受けやすくなってしまう

日焼け止めの中には「紫外線散乱剤」が入っているものが多く、これがお肌の乾燥を引き起こします。お肌が乾燥すればするほど日焼けを引き起こすので、まずはお肌の保湿をしっかりと行いましょう。

●日焼け止めを塗る時間は「外出30分前」

 - Uncategorized

×
CLOSE
CLOSE