Summary速報

速報まとめ

ハヤテにアカギ…名作漫画の最終回ラッシュが切ない…

   


みんなが待っていたラストまであと少し…「ハヤテのごとく!」がクライマックスへ…

「週刊少年サンデー」(小学館)で連載中の畑健二郎さんのマンガ「ハヤテのごとく!」が、4月12日発売の同誌20号で完結することが分かった。2004年の連載開始から約13年の歴史に幕を閉じる。

「ハヤテのごとく!」は幸の薄い主人公・ハヤテが、ひょんなことから大富豪の娘・ナギの執事として働くことになることから始まるコメディ作品。2004年に連載がスタートし、4期にわたりテレビアニメ化もされた人気作だ。

『サンデーうぇぶり』では、ナギ、ヒナギクといった人気キャラクターに、毎週フォーカスし、500話以上の中から厳選した名エピソードを、完結まで毎日無料で解禁。人気キャラたちの名シーンを振り返り、フィナーレをより味わい、より深く楽もう。

ほかにもあの名作がついに終わってしまうんです…切なすぎる…

アニメも面白かった…「エリアの騎士」も最終回までのカウントダウンが始まっている…

トップ選手も大絶賛!! これぞ本格サッカー漫画! “日本サッカーの至宝”“U-15の天才エース”と呼ばれる兄・逢沢傑(あいざわ・すぐる)に憧れながらも、とある過去の呪縛によって、マネージャー職に「逃げ」てしまった元FW(フォワード)の駆(かける)。

少年たちが中学・高校サッカー部での活動を通じ、全国大会、さらにはその先の世界を目指す成長物語。アニメ化やゲーム化も果たしており、単行本は現在55巻まで発売されている。

いわゆる“超人的プレーヤーの活躍”や“荒唐無稽な必殺技”のような現実離れした見せ場はないものの、あくまで現実の延長線上としての“ファンタジックなプレー”をリアルに描いている。

「週刊少年マガジン」(講談社)で連載中のサッカーマンガ「エリアの騎士」が完結し、約11年の歴史に幕を下ろすことが明らかになった。22日発売の同誌12号のマンガ本編最終ページで「最終回まで、あと5話」と発表された。

「まだまだ駆の成長を見ていたかった」「10年以上読み続けてる漫画が終わるのはやっぱりさみしいな」と悲しみの声が多数あげられている同作は、残り5話で私たちに何を残してくれるのだろう。

予定調和なのか、それとも何か別に理由があるのか、どこか寂しい気持ちです。2014年だったと思いますが「アンブロ、逢沢駆と契約!」という広告を見て、現実の選手ではなく、漫画の登場人物と契約するという意外性に驚いた方も多かったと思います。

エリアの騎士もう二話で最終回なのか……好きな漫画のひとつなだけに悲しくなるなぁ

長きに渡る戦いがついに終了…「アカギ」最終回がみんなをざわつかせた!

『天 天和通りの快男児』からスピンオフされた作品で、『天』の登場人物である伝説の雀士“赤木しげる”の高い人気を受け、彼を主役にその若き日の伝説を築き上げていく姿が描かれることになったのが本作品『アカギ』である。

この作品の魅力は、麻雀の雰囲気や心理戦、数々の魅力的なキャラクター、アカギの天才性、どんな危険な勝負も動じない精神、常人の領域を超えた発想にある。その圧倒的な強さ、かっこよさに麻雀をする人間、勝負にこだわる人間は憧れる。

福本漫画ではおなじみの勝負や駆け引きの面白さも描かれているのだが、それ以上に赤木茂の人間性とその生きざまに痺れる物語である。そしてその魅力が、独特の言い回しのセリフ、通称「福本節」にうまく凝縮されている。

「カイジ」シリーズなどで知られる福本伸行さんの代表作の一つ「アカギ ~闇に降り立った天才~」が2018年2月で約27年の連載に幕を下ろす。

麻雀の対局における濃密な心理描写が多く、なかなか話が進まないことでも有名で、現在連載中の「鷲巣麻雀編」では一晩の勝負を19年以上の月日をかけて描いている。

一局に3年、配牌に8ヵ月かけてしまう超ジックリ系漫画なだけに、ここから一体どう決着がつくか想像も出来ない。早く読みたいという気持ちはもちろんだが、こっちは20年待ち続けているのだ、たったの1年ぐらいどうってことない。

あーそっか、次でいよいよ鷲巣編最終回なんだっけ‥‥長かったな‥‥アカギ‥‥(ざわ‥‥ざわ‥‥

伝説がついに完結…「たいようのマキバオーW」のラストは号泣確実…

競馬の魅力を凝縮し、子供たちにもわかりやすく伝えたマンガが、「みどりのマキバオー」だ。人と馬が話すギャグテイストの設定と、スポ根マンガの王道をいく白熱のレースが合わさった一風変わった作品。

ギャグありシリアスありのメリハリある物語の中で、幼い頃に引き離された母馬のため、又、ライバルのカスケードを越えるため、明るく前向きに走り続ける主人公ミドリマキバオーの姿は、人々に元気や活力を与えている。

 - Uncategorized

×
CLOSE
CLOSE