Summary速報

速報まとめ

放っとくと顔デカに…スマホで悪化する「顔こり」を防ぐコツ

   


「肩こり」並みに怖い「顔こり」

一気に老け顔にみせてしまうたるみにつながってしまったり、ほうれい線の原因にも。

顔の筋肉をあまり動かさなくなると、筋肉は柔軟さを失い、硬くなり、そこに老廃物がまとわりつくのです。

パソコンやスマホを使っている人がほとんどという現代ですが、これらを使っているときは、ほぼ無表情

とはいえ、使わないってわけにはいかないから…

顔のこりをほぐす、簡単ストレッチ!

目の周りの血行が良くなり、代謝がアップするので、 眼精疲労回復や、クマの解消、目の周りのシワやたるみ、老化の予防にもなる

顔は天井を向いた状態で、目だけ真下を見て、ゆっくり10回まばたきします。 次に、あごを引いた状態で、目だけ真上を見て、ゆっくり10回まばたきします。

「オフィスなどでは、1時間に1度、ほかの部署に行くとかコピーをとりにいくなど、目を使わない仕事を挟むといい」

おでこも凝るみたいなので、しっかり。

両手のその部分をおでこの中心から外側に向かって円を描くようにクルクルとマッサージをします。

リンパの流れもよくなりますから、目の周りのむくみも解消されるとともに、シワの改善にも役立ちます。

ちなみに、眉間にシワを寄せてる人は気をつけて。

眉間にシワを寄せる癖がある人。 日常的に眉間にシワを寄せていると、おでこが凝りやすくなってしまいます。

目を大きく見せたくて目に力を入れるクセのある人も、眉毛のあたりやおでこに力を入れてしまうことで、こりやすくなってしまう

その他の場所も

小鼻のすぐ横にある迎香と呼ばれるツボをしっかりと押してほぐしてあげることで、ほうれい線に直接働きかけることができる

奥歯をかみしめた時に動く耳の下のあたりの筋肉のことです。ここは非常に凝りやすく、肩こりなどにも関係してくるので気になる方はよくほぐしておくことをおすすめします。

 - Uncategorized

×
CLOSE
CLOSE