Summary速報

速報まとめ

これはメモ。大掃除が楽になる「小ワザ」が優秀

   


始める前の"準備"がけっこう大事

部屋全体を紙の上で見渡すことで、気付くことが多く、やるべきことがはっきりと見えてくる

気になるところを、まずリストアップ。そうすることで大掃除の全体の作業量が見えてきます

「ここはひどい」「まあまあの汚れ」「たいしたことはない」を判断すると、実際に掃除が必要な場所の順位が見えてくるはず

さっと拭くだけの所や、洗剤を使って、時間をかけてきれいにする所など、場所ごとに決めていきましょう

場所が決まったら、スケジュール決め

ポイントは頭の中を整理すること。換気扇の掃除、おせち料理の予約など、思いつくまま書き出していく。

掃除以外のことも、とりあえず書き出してみる

そうじする日を決めて、カレンダーなどに書き込む。「担当者名」と「おそうじする場所」も記入

一人暮らしなら、とにかく"掃除する日"を決める

「奥さん、お姉さん」は水回りが適任。普段使っているのでやっていない部分も分かっているし、男性がやるよりもやり残しが少ない

子どもは、簡単で結果が分かりやすい窓ガラスがいいかも

必要なものをまとめて買い出しに行きましょう。この時もリストを作成することで、時間短縮・買い忘れ防止

掃除道具は、一人にひとつあると効率がいい!

※ボロ布はたっぷり用意

雑巾やボロ布はたっぷり用意。できるだけ途中ですすがないですむように雑巾は多めに、使い捨てできるボロ布も十分に用意

目新しいグッズや洗剤ばかりをそろえるのではなく、古くなったタオルや洋服を雑巾におろすなども考えて

ゴミが部屋の中に残っているうちに大掃除をはじめるのではなく、物を処分してスペースを作る

時間がないときは…

玄関ドアは玄関掃除のうち最後にやりがちですが、最後だと周囲が暗くなってしまうため、一番最初にやってしまいましょう

普段の掃除でも、先に取り掛かるといいみたい

大晦日の日でもいいので取り組むことを励ましたいのが、ここ。玄関は家の顔。顔が綺麗なら、すべて良し?!

2階建てのおたくの場合には、2階から掃除を始めるのも大切なポイントです。掃除は上から下へ行いましょう

 - Uncategorized

×
CLOSE
CLOSE