Summary速報

速報まとめ

東京と大阪の「通勤ラッシュ」が違いすぎる件w

   


大都市なのに変わりないけど

1位:地下鉄御堂筋線
【梅田 →淀屋橋】150%(7:50~ 8:50 )

150%というのは、新聞を広げて読める程度の混雑レベル

大阪市営地下鉄御堂筋線は、あまりの本数の多さに時刻表がラッシュ時は適当であることが判明 pic.twitter.com/O1Ms6qsZqo

本数を増やしてなんとか頑張って、150%

1位:東京メトロ東西線
【木場 →門前仲町】199%(7:50~ 8:50 )

同率1位で、総武線の錦糸町→両国も

東京メトロ東西線 高田馬場 時刻表 #キノメモ pic.twitter.com/Q5KNVtSdMR

こちらもかなり頑張ってるけれど…

辞書に書いてある「ラッシュ【rush】/突進すること。突撃すること。」を描いたような状況を知ると呆れかえる

関西の通勤ラッシュが酷くて150%台って数字見てからソッチのほういいなーって思い始めた

関西に住むと東京の殺人通勤ラッシュのやり過ごし方がわからなくなる

実は大阪では、路線図にヒミツが…

それぞれの会社が乗客へのサービス向上に努めてきた

競争を勝ち抜くために、快適な乗り心地や混雑緩和を追求

大阪って、都市の規模の割にラッシュ時の電車の混雑率が低い(バイパス路線への分散が効いてる?)のは住みやすそうだなあって思う

みなとみらい線元町・中華街から横浜、渋谷を経由して、東京メトロ副都心線、東武東上線、西武有楽町線・池袋線までがひとつの路線

たくさんの路線が、1本の線路を分け合って走っている

関東圏で当たり前のように私鉄ー私鉄とかJRー私鉄の乗り入れをしてるのに、関西圏ではそれはないのはなんでなんだぜ

客を取り合う構造にはなっていない。目的地の駅がどの路線にあるかで、乗る電車は自動的に決まってしまう

そのため、1本の路線に人が集中

そして、理由はもうひとつ

大阪以外に京都、神戸といった人口集中地区があり、奈良、和歌山などを含め、それぞれが独自の文化と求心力をもっている

大阪至上主義なんてもんが存在せずラッシュが各方向に分散してる関西在住で良かったと思う今日このごろ

 - Uncategorized

×
CLOSE
CLOSE