Summary速報

速報まとめ

これからの時期の「静電気」対策はこれでバッチリ!

   


乾燥を防ぐために保湿を心がけよう

手を水にぬらすことで放電できますが、そのあとまた乾燥しないようにハンドクリームも塗りましょう。ウェットティッシュでもOKですよ!

靴の先に水をかけたり、ウェットティッシュ等を携帯して時々さわったり、こまめに手を洗ったりうがいをすると静電気対策になります。

暖房だけでなく加湿もしっかりすることで静電気予防ができますね。加湿器の購入を検討しましょう。

静電気ひどすぎ
加湿器購入不可避

身近なもので放電する方法

ドアノブに触る前に「コンクリートの壁」に触ると静電気を逃がすことが出来る。レンガなども大丈夫です。

木でできたキーホルダーなどを使ってドアノブに触る方法でも、「バチッ」なしで静電気を逃すことができる

静電気の季節になりました。
猫の鼻先に除去キーホルダー付けるとめっちゃ除去されるwww pic.twitter.com/5RnAEeWEI5

キーホルダーを握ったままドアノブなどに触れるだけで除電ができますよ!

電気って尖ったものから放出されやすいんだよ。
ドアノブとかは手のひらから触れると静電気が起こりにくいよ。

静電気の起こりにくい服を選ぶ

ポリエステルやナイロンなどの異素材の洋服は重ね着すると静電気が起こりやすくなります。静電気の起こりにくい服を選ぶことも大切ですね。

ウールやフリースを着るときは、下着やインナーウェアを帯電しにくい天然素材にして重ね着を楽しむのがいい

静電気は衣類に多くたまっているため、着る前にシューっとスプレーしておくと、静電気の衣類における発生が防止されます。

カーディガンに、静電気防止用のスプレーをかけまくって以来、部屋の中全ての静電気がなくなった。
どういう仕組みなんだろう???

髪の毛の乾燥にも注意しよう

さっぱりとしたタイプのシャンプーは洗浄力が強いものが多いので、必要以上に頭の油分をとり除いてしまい、頭皮も髪も乾燥してしまいます。

ぬるま湯だけで洗髪する「湯シャン」は汚れを取り除き過ぎないで、体のバリア能力を高める。うるおいを守ったりおすすめです。

濡れた髪はとてもデリケートな状態で、ゴシゴシとタオルで強く拭いてしまうと髪の表面にあるキューティクルを傷つけてしまいます。

キューティクルは保湿成分がある

ゴシゴシ拭きではなく濡れた髪は優しくタオルで包んであげましょう。この時に洗い流さないタイプのトリートメントを使うのもオススメです。

 - Uncategorized

×
CLOSE
CLOSE